セルライトと体脂肪の関係について

体脂肪の高い人にセルライトが発生するわけではありません。
痩せていても、女性は皮下脂肪がつきやすいこともあり、ほとんどの方に発生する可能性が高いものです。

 

皮下組織内で起きてしまう血行不良がセルライトのお粉原因です。
体脂肪とセルライトは同じものではなく、別物です。

 

セルライトは、リンパや血液の流れが悪くなったときに発生する脂肪細胞が肥大化したもののことをさします。
体脂肪を落とす方法では、落ちないのも特徴となっています。ダイエットを行っても、セルライトはなくなることはないので、体脂肪を減らすための食事制限や運動では解消することができません。

 

ですが、日々のマッサージで解消することができます。リンパの流れをよくして、血流をよくすることで、余分な水分や蓄積した老廃物を排出させてあげることで、脂肪細胞を新しくしてあげることができるからです。

 

太ももやおしりまわりの下半身をはじめ、二の腕につきやすいのが特徴となっており、表面にでてきたときには、皮膚がでこぼこしていきます。

 

オレンジピールとも呼ばれており、この状態になる前に解消することが大切です。セルライトエステなどで身体があたたまっている状態で、足の裏からリンパを流すマッサージを行うことで解消することができます。